電話占いサイトを利用するメリットはやはりいつでも利用できるということ

これからお話しする占いのエピソードは、高校2年の時のものです。当時、僕は同じクラスのマドンナに片思いしていました。しかし、僕のクラス内でのポジションは決して高いとは言えず、憧れの彼女とお付き合いするなんてもってのほか。女子との会話すらままならない哀しい青春時代を送っていたのです。

しかし、そんな僕に一生に一度のビッグチャンスが突然訪れます。それは忘れもしない修学旅行初日の朝。たまたま見ていた情報番組の占いコーナーから、「1位は○○座(僕の星座)のあなた!意中の相手と急接近できるチャンス!ラッキーアイテムはグレーのスニーカー」という吉報が僕の耳に飛び込んできたのです。

普段は占いなど全く信じない僕ですが、その日は修学旅行ということもあって気分が高揚していたのでしょう。この日のためにバイトまでして購入したおニューのスニーカーがあるにもかかわらず、下駄箱からずいぶん前に履かなくなっていた「グレーのコンバース」を引っ張り出して、そのまま履いて家を出たのです。

「占いを真に受けてこんな靴履いてきちゃったけど、どうせ何も起こんないだろうなぁ」などと思いながら集合場所に着いた瞬間、信じられない光景が飛び込んできました。意中の彼女もグレーのコンバースを履いて来ていたのです(しかも全く同じモデル)。

程なくして彼女もこの「ちょっとした奇跡」に気付き、「あー!○○君(僕の事)のスニーカー私のとお揃いだぁ!ひょっとして占い見てた?どうしよ~、○○君(僕の事)と急接近しちゃうかも~(笑)」などとテンションMAXで話しかけて来たのです。この一件で意気投合したのをキッカケに修学旅行中に距離がグンと縮まった僕らは、程なくしてお付き合いする運びとなりました。

結局彼女とは高校卒業後にお別れしましたが、占いによってもたらされたあのたった1度の成功体験を忘れられない僕は、今でも毎朝欠かさず占いをチェックする日々を送っています。